東京インターコンチネンタルホテルに日本枯山水庭園がオープン

東京インターコンチネンタルに日本枯山水庭園がオープン
東京インターコンチネンタルに日本枯山水庭園がオープン

東京都港区にあるインターコンチネンタル東京ベイは、ジャパニーズラウンジ内に「日本枯山水庭園」を公開した。この静かなオアシスは、ジャパニーズラウンジアクセスルームにご宿泊のお客様のみがご利用いただけます。さらに、 インターコンチネンタル東京ベイ ホテルは、ゲストの滞在中に提供される没入型の日本文化体験を紹介する公式ビデオを共有しました。

庭園は日本の里山の風景を反映するように設計されており、丁寧に形作られた木々や季節の花々が取り入れられ、日本の四季の移り変わりを表現しています。

自然の水の流れを象徴するために、庭園の中央には「源から湧き出る水」を表現したつくばいを配置しています。一方、砂紋を用いた枯山水の技法は、前景に水のせせらぎと緩やかな川の流れのような錯覚を生み出します。庭園は、溢れ出る水のきらめきの美しさと、時間や季節によってさまざまな植物の表情を見せてくれます。


(eTN)| ライセンスを再投稿する投稿内容