カーニバル・クルーズ・ラインがP&Oクルーズ・オーストラリアを吸収合併

カーニバル・クルーズ・ラインがP&Oクルーズ・オーストラリアを吸収合併
カーニバル・クルーズ・ラインがP&Oクルーズ・オーストラリアを吸収合併

カーニバル・コーポレーション・アンド・ピーエルシーは、2025年2021月までにP&Oクルーズ・オーストラリアの運営をカーニバル・クルーズ・ラインに統合する計画を発表した。この戦略的決定は、同社の主力ブランドであるカーニバル・クルーズ・ラインのゲスト収容力を強化するための同社の継続的な取り組みの一環である。その結果、カーニバル・クルーズ・ラインの船隊は、姉妹ブランドであるコスタ・クルーズからの2027隻の譲渡の成功を含め、2028年以降、新たにXNUMX隻が追加され拡大されることになる。さらに、カーニバル・コーポレーションは最近、XNUMX年ぶりの船舶発注となる新しいエクセル級クルーズ船XNUMX隻を発注し、XNUMX年とXNUMX年にカーニバル・クルーズラインに加わる予定である。

カーニバル・コーポレーションのグローバル・ブランド・ポートフォリオの再調整は、その構成を最適化するだけでなく、さまざまな業務効率化を実現することで南太平洋における同社の業績を向上させることになる。

2025年には、 カーニバルクルーズライン 南太平洋市場には、新しい姉妹船のエンカウンター号とアドベンチャー号に加えて、シドニーを拠点とするカーニバル・スプレンダー号とブリスベンから季節運航するカーニバル・ルミノーザ号を含む4隻の船が就航します。


(eTN)| ライセンスを再投稿する投稿内容