カタール航空、ドーハ発リスボン行き便を再開

カタール航空、ドーハ発リスボン行き便を再開
カタール航空、ドーハ発リスボン行き便を再開

カタール航空は、ハマド国際空港(DOH)とリスボンのウンベルト・デルガード空港(LIS)間の直行便の再開を発表した。この人気の目的地への旅行需要の高まりに応えて、カタール航空はリスボンへの通年サービスを提供し、2024 年の夏には週 XNUMX 便を運航します。

リスボンは、絵のように美しいビーチ、活気に満ちた国際都市、数多くのユネスコ世界遺産など、ポルトガルの多様な観光や文化的魅力を発見したい旅行者にとって理想的な玄関口です。

カタール航空 は新たな路線を追加して世界的なネットワークを拡大し、リスボンはヨーロッパで47番目の目的地となった。このルートはリスボンとヨーロッパのさまざまな都市を結ぶだけでなく、中東、アフリカ、インド亜大陸への国際旅行の玄関口としても機能します。リスボンからの旅行者は、バリ、バンコク、デリー、デンパサール、カトマンズ、マレなどの人気の目的地に簡単にアクセスできるようになりました。


(eTN)| ライセンスを再投稿する投稿内容